一条工務店の太陽光発電は搭載率業界トップ

 

 

 

 

 

一条工務店のオリジナル太陽光発電の「夢発電システム」は、その搭載率は業界トップの92%以上を達成しています。また、一件あたりの平均搭載容量は約14KWhと全国平均の3倍を実現しています。

 

 

 

 

さらに、この「夢発電システム」は初期投資がゼロとなります。なぜ、初期投資がゼロなのかと言えば、一条工務店グループがこの初期投資を年利1.5%で立替払いをしている形をとるからです。

 

 

 

つまり、太陽光発電によって得られたお金で初期投資を分割払いしていく、という形をとるのです。こういったことができるのは搭載容量が大きいことと個人宅からの発電の買取は全量買取が義務化されているからです。

 

 

 

 

法人で買取が中断された、という話は聞いたことがあるかと思いますが、これは法人のような商業目的で行った場合で、個人宅にはこの買取中断は行われることはありません。そのため、太陽が出ている限り、発電された電力は電力会社に全量買い取られ、初期投資をこれで返済していくことができるのです。

 

 

 

 

なお、一条工務店のシュミレーションによれば、14KWhで20年間「夢発電システム」で太陽光発電を行った場合、初期投資分を返済した分を差し引いても445万円の利益が見込めるという試算を出しています。

 

 

 

 

また、太陽光発電というと、パネルをデンっと置いたものをイメージしますが、一条工務店の太陽光パネルは屋根一体型パネルを採用しており、家自体がすっきりとしたデザインで仕上げることができます。また、カーポートも太陽光パネルと一体化することによりソーラーカーポートとして場所を有効活用することで余すことなく太陽光発電をすることができます。

 

 

 

 

こういったことができるのは、一条工務店が自社で太陽光パネルの製造ラインを持っているから、という企業努力の賜物といってもよいかもしれません。そのため、太陽光パネルを大量生産し、そうすることで安価に提供することができる、という「夢発電システム」を実現させることで、搭載率業界トップとなりました。
言うなれば、実績ナンバー1の企業が一条工務店なのです。