一条工務店 欠陥住宅

一条工務店の欠陥住宅は結局は運が悪かった?

一条工務店が建てる住宅は、欠陥住宅が多いのではないかという話題が、世間を賑わせましたが、実際のところ一条工務店の住宅の欠陥住宅度合はどの程度なのでしょうか。

 

 

 

 

 

・確かにメディアやネットを騒がせがちな一条工務店の欠陥住宅
記憶にあたらしいところでは、2015年に九州のとあるお宅で、ネズミが壁に穴を開けて巣食ってしまったという話題がありました。

 

 

 

この問題は、「i-smart」という一条工務店が提供している高性能で高デザインのスマート住宅で起こりました。ネズミのクレームを伝えたのに対応がおろそかだったという点が、もっとも問題を大きくしてしまった要因だったようです。

 

 

 

ネズミの被害が出たのは九州だけでなかったようで、なかにはコウモリが入り込んだというお宅までありました。i-smartを購入した家主は、i-smartの構造に問題があると訴えるのですが、一条工務店としては構造上の欠陥はないという考えであるようです。

 

 

 

 

また、奈良県のほうでも住宅の柱などの寸法が合っていなかったり、傷だらけの状態で受け渡しが行われたなどの問題もあったとのことです。
こうした問題は、実は一条工務店に限らないのではと考えられます。

 

 

 

 

 

・欠陥住宅の問題はどんな住宅メーカーにも起こりうること
どんなに構造的に優れている、有名建築家に寄る最新式の建築物でも、なにかと欠陥や手抜きが現れて、世間を賑わせることがあります。

 

 

 

 

また、自然はときに猛威をふるってそうした欠陥を暴き出しますし、生きることに必至な動物というのは、一級建築士にも気づかない構造上の問題点を突いて侵入することがあります。

 

 

 

 

一条工務店の住宅の場合、欠陥住宅が世間を賑わすとは言っても、全国の全てのi-smartなどの住宅が、欠陥住宅だらけでもないことです。
建設会社は各地域に職人のレベルの高い人が中心に座るチームがあれば、経験の少ないレベルが低い職人が中心となっている場合もあるのでしょう。

 

 

 

こうした職人のレベルが住宅によっては一流に達していないまま、建設が進められてしまった可能性があり、災害や動物の被害も想定を超えることがあります。住宅建設は運任せという感じもありそうです。

 

 

 

 

 

住宅購入を検討する際には、各社のデメリットが気になる場合があります。良さばかりがアピールされる工務店もありますが、やはり購入検討者としては、正直なデメリットを知りたいという本音はあるでしょう。

 

 

 

 

それで一条工務店が検討される事もしばしばありますが、そこにもデメリットはいくつかあります。まずカスタマイズ性に関する問題です。
そもそも住宅物件を購入した後に、改造などを行いたいと思う事もあるでしょう。ある程度自由度が高めな住宅が望ましいと思う方々も、しばしば見られます。

 

 

 

 

それで一条工務店は、カスタマイズ性はあまり高くありません。むしろ多少制限される住宅と考えて良いでしょう。将来的にリフォーム等を検討する方々にとっては、やや不向きな住宅です。

 

 

 

 

他にもあります。たまに壁に関する不満点が見られるからです。
一戸建て住宅に居住していると、知らず知らずの内にカビが生じる事もあります。

 

 

 

しかしカビ発生率などは、それこそ住宅次第です。それが発生する確率が高い住宅もあれば、その逆もある訳です。ちなみに一条工務店は前者に該当します。それなりに湿度ケアなどを行う必要があるでしょう。

 

 

 

 

このように一条工務店には、様々なデメリットはあります。他にも担当者の対応などに関する不満が見られる事も、たまにあるのです。
しかしそれを考慮しても、一条工務店はメリットが大きいとの意見も多く見られます。やはり一番大きいのは、価格面に関する事柄です。

 

 

 

少なくとも坪単価に着目すれば、明らかに他の会社よりは、価格が低めになっています。購入時の価格をできるだけ抑えたいと望むならば、一条工務店は決して悪く無いとの意見も多いです。

 

 

 

 

また上記で触れた湿度にも少し関わってきますが、株式会社一条工務店は全館空調になっています。コストパフォーマンスは決して悪くない空調ですから、最終的にこの工務店に決定する方々も多いです。確かにデメリットは入りいくつかある訳ですが、それを上回るメリットも存在する工務店なのです。

続きを読む≫ 2016/11/22 16:15:22

 

 

 

 

 

一条工務店のオリジナル太陽光発電の「夢発電システム」は、その搭載率は業界トップの92%以上を達成しています。また、一件あたりの平均搭載容量は約14KWhと全国平均の3倍を実現しています。

 

 

 

 

さらに、この「夢発電システム」は初期投資がゼロとなります。なぜ、初期投資がゼロなのかと言えば、一条工務店グループがこの初期投資を年利1.5%で立替払いをしている形をとるからです。

 

 

 

つまり、太陽光発電によって得られたお金で初期投資を分割払いしていく、という形をとるのです。こういったことができるのは搭載容量が大きいことと個人宅からの発電の買取は全量買取が義務化されているからです。

 

 

 

 

法人で買取が中断された、という話は聞いたことがあるかと思いますが、これは法人のような商業目的で行った場合で、個人宅にはこの買取中断は行われることはありません。そのため、太陽が出ている限り、発電された電力は電力会社に全量買い取られ、初期投資をこれで返済していくことができるのです。

 

 

 

 

なお、一条工務店のシュミレーションによれば、14KWhで20年間「夢発電システム」で太陽光発電を行った場合、初期投資分を返済した分を差し引いても445万円の利益が見込めるという試算を出しています。

 

 

 

 

また、太陽光発電というと、パネルをデンっと置いたものをイメージしますが、一条工務店の太陽光パネルは屋根一体型パネルを採用しており、家自体がすっきりとしたデザインで仕上げることができます。また、カーポートも太陽光パネルと一体化することによりソーラーカーポートとして場所を有効活用することで余すことなく太陽光発電をすることができます。

 

 

 

 

こういったことができるのは、一条工務店が自社で太陽光パネルの製造ラインを持っているから、という企業努力の賜物といってもよいかもしれません。そのため、太陽光パネルを大量生産し、そうすることで安価に提供することができる、という「夢発電システム」を実現させることで、搭載率業界トップとなりました。
言うなれば、実績ナンバー1の企業が一条工務店なのです。

続きを読む≫ 2016/11/22 16:14:22

 

 

 

 

「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2015」で大賞を受賞した一条工務店の超zehモデル「i-シリーズZero」。
内容はよく分からなくても、なんとなくすごそうに聞こえますよね。

 

 

 

 

 

この賞は、学術的な研究機関である日本地域開発センター主催の表彰制度で、設備の性能、手法、省エネルギー住宅普及への取り組みという、3つの視点から評価されます。つまり、単純に省エネ性能がもっともすぐれている住宅と考えるのは性急で、かつ、大企業が賞をとりやすい制度でもあります。

 

 

 

 

 

大賞に選ばれるのは1〜2社ですが、特別優秀賞に選ばれる会社が20〜30社あります。地道な取り組みを評価された会社もあれば、賞を取るためにガチガチに仕様を選定した会社もあるでしょう。一条工務店は明らかに後者の印象が強いです。

 

 

 

 

その理由は、過剰すぎる断熱への取り組みです。
一条工務店の超zehモデルの内容を簡単に列記してみました。

 

 

 

 

・「超断熱」をうたう内外ダブル断熱工法
・「超省エネ」をうたうLow-Eトリプル樹脂サッシ
・「超創エネ」をうたう大容量太陽光パネル
・「超健康」をうたう全館床暖房
見てのとおり「超」と宣伝するのが大好きです。

 

 

 

 

 

いずれもあるとうれしい仕様ですし、住宅の快適性や省エネルギー性能が高いのもうなずけますが、この内容を本当に実施する場合、坪単価はかなり高い金額です。

 

 

 

 

zehモデルでの建設を希望される場合は、契約するまえに金額と仕様をしっかり確認したほうがよいでしょう。予算にあわず、なんちゃってzeh仕様でまとめられる可能性があります。

 

 

 

 

 

予算に合わず仕様のランクを落とすのは、一条工務店にかぎらず大手ハウスメーカーでは決して珍しいことではありません。
特に一条工務店は、パンフレットやホームページを見ると、やたらと専門用語を多様し、なんだかすごいことのように見せる傾向があります。

 

 

 

 

営業マンもそういうスタイルで接する可能性が高いです。zehが何か知らない方もいることでしょう。難しい単語を羅列されたら、自分が納得できるまで臆せず質問しましょう。

続きを読む≫ 2016/11/22 16:13:22

二世帯住宅を購入するために、工務店選びで迷っている人々は意外と多いです。工務店も数が多いからです。
ところで二世帯住宅を購入するに当たり、一条工務店に着目する方々はとても多く見られます。なぜなら、そこには材質に関するメリットがあるからです。

 

 

 

 

そもそも二世帯住宅に購入すると言っても、何の物件でも良い訳でもないでしょう。やはり居住の快適さ等は、住宅には求められます。できるだけ住み心地が良い二世帯住宅に住みたいと思う事は、自然な感情と言えます。

 

 

 

 

それで一条工務店では、ハイクオリティーな材料を採用しているのです。断熱材などには大きなこだわりを持っていて、他社ではなかなか見かけない性能を誇っています。それだけに、居住性を求める方々にとっては魅力的な工務店と言えます。

 

 

 

 

また一条工務店には、価格に関する明確なメリットがあるのです。他の工務店による二世帯住宅とくらべると、かなり低めになっているからです。
もちろん二世帯住宅に居住するならば、価格面は大切なポイントになるでしょう。
できるだけ費用を抑えたいと望む方々も多いですが、かなり低めに設定されていますから、最終的に一条工務店に決定する人々も多く見られます。

 

 

 

 

ではなぜ一条工務店で価格を低く抑えられるかというと、外部業者が入り込んでいないからです。そもそも工務店によっては、一部の施工作業を外部会社などに依頼している場合があります。しかし外注してしまうと、どうしても料金が高めになってしまうのです。

 

 

 

それが価格に反映されて、住宅購入を考える方々としては、二の足を踏んでしまうケースも多々あります。
ところが一条工務店では、外注には出していません。あらゆる作業などを、全て自社だけで完結させている訳です。

 

 

 

中間マージンが入り込む事もありませんから、それだけ販売価格を安く抑える事が可能なのです。
したがって価格の低さを求めるならば、一条工務店による二世帯住宅はおすすめと言えます。

 

 

 

関連ページリンク:二世帯住宅の価格 完全分離の場合

続きを読む≫ 2016/11/22 16:12:22